意外と悩んでしまうのがアイコンです。 みんな、どんなものを使っているのでしょうか。

アイコンで性格診断のサイトが人気になるほど個性が出ます

便利な似顔絵作成アプリもあります

自分の顔を使うのが恥ずかしい、自意識過剰に見られそう、個人情報を晒すようで嫌など、そのまま自分の顔写真を使う事に、ためらいや抵抗がある方も多いと思います。

そんな場合には、自分の写真をイラストに変換してしまうのも良いですよ。
写真から似顔絵に変換してくれるもの、自分でパーツを選んで自分そっくりのアバタ―を作成するもの、画家の絵のような自画像風、色々な変換アプリもあります。

難しそうに感じるかもしれませんが、アプリを使えば自作でも簡単に作れます。
無料のアプリやソフトも多く、中には、かなりクオリティーの高いアイコンが作成できるものもあるんです。

自分そっくりのイラストならそこまで抵抗を感じることなくアイコンとして使えるかと思います。

相乗効果もある似顔絵アイコン

顔そのままの写真を使えば、どんな雰囲気の人なのか一発でわかりますが、記憶には残りにくい事もあるんです。

似顔絵では、その人の特徴を強調して描かれたり、色使いなどで個性やイメージが想像できて、好印象を与えたり、印象に残りやすくなります。
親しみやすさもアップします。

アイコンを見た人のイメージで、どんな人なのか想像される事があります。
イメージが良ければ信頼にも繋がります。

顔写真を使うのはちょっとなぁ、でも顔を使った方が自分をアピールできるきっかけになるだろうなぁ、と悩んでいる場合は似顔絵アイコンを使ってみるのも良いですね。

自分のお気に入りの似顔絵アイコンができると、SNSの発信もより楽しくなりそうです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ