意外と悩んでしまうのがアイコンです。 みんな、どんなものを使っているのでしょうか。

自分以外の写真も多いです

加工して盛ってみるのも面白い

写真映え、盛り加工は今や流行と言うか当たり前にもなってきました。
スマホがあれば、撮った写真を取りこんで簡単に加工する事ができます。

実際の顔を整形するのは簡単にはいきませんが、目を大きくしたい、ちょっと小顔にしたい等、ちょっとした願望も叶えられますし、面白いです。

SNS上には写真を加工した自分の写真を使っている人も大勢います。
中には本人とわからなくなる位まで加工したアイコンを作成している人もいるほどです。

思いっきり加工を楽しむのも、控えめにちょっとだけ加工を加えるのも、それもやはり個性ですね。

写真を加工するアプリは話題のものも含めてたくさん種類があります。
遊び心でアイコンを作ってみてはいかがでしょうか?

自分をより良く魅せたいアイコン

登録すると、自分のアイコンは友達のSNS上にも常に表示されるようになります。

自分をより良く魅せたいなぁと思う方も多く、自分の画像を使う女性のうち2人に1人は盛り画像をアイコンに使用しているというデータもあります。

若い方は特に、モテるを意識して、いかに盛るかに力を入れる傾向にあるようです。
撮影時に即、設定したイメージの写真が撮れるアプリもあり、人気です。

また、顔のパーツを加工するのではなく、フレームやスタンプを加えて写真をデコレーションして盛るパターンもあります。
デコレーションに特化したアプリもあるので、デザイン感覚で盛り画像のアイコン作りができるんです。

仲間同士のコミュニケーションを深めたりするのにも有効なSNSです。
アイコン選びは重要ですね。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ